地域に開かれた家庭的な施設らしくない施設づくり

理事長挨拶

home01-01

社会福祉法人征峯会は昭和61年に設立、昭和62年に障がいのある方の支援施設「しらとり更生園」を開設しました。
法人の創設者である父渡辺征男は、「地域に開かれた家庭的であたたかい、施設らしくない施設を作りたい」と常々語っており、開設当初から地域交流・地域貢献を大切に歩んできました。そして、どんな重度の障害がある方でも何かしらの役割を持ってもらいたいと考え、「働くこと・日中活動」を大切にしてきました。また、利用者様の個性を伸ばす活動として「和太鼓」や「ねぶた」「よさこいソーラン」などにも積極的に取り組みました。この征峯会の「らしさ」を、これからも磨いていきます。
平成17年に「特別養護老人ホームしらとり」、平成26年に「しらとりハワイアンデイ」を開設し、障害者・高齢者それぞれの分野において「居がい」「やりがい」「生きがい」を追求した良質な福祉サービスの提供を目指し、努力しております。
人間の究極の4つのしあわせは、「人に愛されること」「人にほめられること」「人の役に立つこと」「人から必要とされること」といわれております。そんな究極の4つのしあわせを、利用者様もスタッフも日々感じながら過ごせる環境を作り、「まごころ」と「笑顔」にあふれた地域づくりに貢献できるよう、職員一丸となって一層励んでいく所存です。
「最高の笑顔をあなたに」の理念の下に!

理事長 渡辺 和成

創設者の想い

home02

地域に開かれた家庭的な
施設らしくない施設づくり
子どもから高齢者までのびのびと
楽しく生活できる福祉の郷づくり

創設者 渡辺 征男

Top